【富士高砂酒造】静岡県富士宮市。富士山伏流水を使用した、飲み過ぎ注意!の美味しい地酒。

miyagirl
こんにちは、miyagirl です!

今回は富士宮市の、180年という歴史ある酒造で造られた日本酒を紹介します!

 

富士高砂酒造 (ふじたかさごしゅぞう)

ここは、富士宮市にある酒蔵です。

ホームページより↓

 「高砂は180年に渡りこの味と技術を伝承し、富士山伏流水と共に独自の味を研き続けています。 東北・北陸地方の酸の効いた濃醇な“山廃酒”と比べると、当蔵の風味は大人しく優しい口当たりで少し甘さを感じる酒質に成っています。
 私共の山廃造りは米のうま味を引き出す最善の方法(酒母造り)としてこの技術を大切にしています。当蔵に自生する微生物達、そして 富士山の恵(超軟水の伏流水)とのコラボレーションに依って生まれたのが“高砂山廃仕込”なのです。」

店内様子

趣きある造りで、とても綺麗です。

まるでインテリアのような日本酒がズラリと並んでいます!

富士山の麓の町ならではの、富士山伏流水を使ったお酒!

店内には、その仕込み水が飲める場所もありますよ。

酒の種類

本当に沢山の日本酒の種類があるので、迷ってしまいます。

使うお米の種類が違ったり、甘口や辛口だったり、それぞれこだわりが違った日本酒です。

可愛いラベルの「梅酒」もありました!パッケージもすごく可愛いです!1番左のバックになっているのは、飲み比べで三種類が入っているものです!

お土産に喜ばれそうですね!

お高いお酒…。

基本的な一升瓶の日本酒は、2000円〜3000円ほどなのでご安心を…。

富士山型の瓶に入った日本酒。

これもお土産にできそうですし、外国の方にも喜ばれそうですね!


試飲もできる!

どれを買ったらいいかわからない!

そんな時は試飲をさせてくれるのでご安心を!

いろいろ飲み比べて、自分の好みの味を見つけてみて下さい!

子供には甘酒を試飲させていただきました。

娘は「美味しい!」と…!

将来飲んべえかしら…。

蔵開き

毎年1月に行われる蔵開きは、とても賑わいます!

入口で専用のお猪口か、升を購入すれば、中で沢山の日本酒を試飲する事ができます!

ツマミに合うご当地グルメの店舗も出ていて、みんな陽気にお酒を楽しんでいます!

機会があれば是非行ってみて下さい。

蔵見学

蔵見学もやっています!私もまだ行った事がないので、また行ったら記事に追加したいと思います。

ホームページより

富士宮市の地酒は美味しい!ほかにも富士宮市には歴史ある酒造が何個かありますので、また紹介していたいと思います。

主人は「抱えて寝たい!」と言うぐらい大好きな高砂のお酒…。

マジで半分寝てる…。

店舗情報

  • 住所→〒418-0055 静岡県富士宮市宝町9−25
  • 電話→0120-035-449
  • 営業時間→平日8:30〜18:00 土日10:00〜17:30
  • ホームページ→http://www.fuji-takasago.com/

 

ママ情報

  • トイレ有り、オムツ替えシートなし。
  • 授乳室なし。
  • 店内多少お酒の匂いはありますが、うちの子供は気持ち悪くなる事はありませんでした。苦手な子は控えたほうがいいです。
  • 蔵開きは、すごく混みます!酔っ払てる人もいるので、お酒が服にかかったりします。子供も沢山いますが、心配な方は控えた方がいいです。